今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
トラベル > 今日の韓国 > 時事
勉強は後回し?!ソウルでは学園祭シーズン真っ最中! 2015-05-21
韓国の大学では5月のテスト期間が終わると待ちに待った学園祭がスタートする。3月に新学期が始まり、不安と緊張で過ごした新学期も少しずつ慣れていき、やっと一息するこの時期。勉強は一先ず置いて、開放感に満ち溢れた学生たちの姿をあちこちで目にする。
ソウルの街が色鮮やかな提灯で飾られる、韓国仏教最大の祭典! 2015-05-18
毎年旧4月8日は、お釈迦様の誕生日にあたり、ソウル市では生誕を祝うイベント「燃灯祝祭」が5月15日〜25日まで開催される。イベント期間中はカラフルな提灯が道路を彩り、ソウル市内はお祭りムード一色となる。
大人気のキャラクター達が大集合!”KIDULT PARK”開催中 2015-05-14
家庭の月として知られている5月は、各地で家族をテーマにしたイベントが開催されていたり、広報などのポスターを各所で目にする。そんな中、汝矣島(ヨイド)に位置するIFCモールでは、家庭の月にあたり、子供から大人まで家族全員で楽しめる”KIDULT PARK(キダルト)”を17日まで開催している。
日韓経済人会議開催…今後50年共同繁栄論議 2015-05-13
日韓国交正常化50周年(6月22日)を1か月余後に控え、日本と韓国の民間最大の経済会議体である『日韓経済人会議』第47回が13日にソウル小公洞(ソコンドン)のロッテホテルで開かれ、14日まで続く。
児童文学作家の特別展示”子供のように生きる” 2015-05-06
韓国で5月は「家庭の月」と呼ばれている。「家庭の月」に合わせて、今月6日から地下鉄1,2号線市庁(シチョン)駅に位置するソウル図書館にて日韓の児童文学作家、イ・オドク氏、クォン・ジョンセン氏、灰谷健次郎氏を紹介する特別展示会”子供のように生きる”が開かれている。
100年の歴史をもつ鉛筆会社VIARCOのコラボレーション 2015-05-03
世界各国の雑貨が揃う、1300K 弘大1号店で開かれている企画展”A CETURY DESIGN PROJECT”、夢を作り上げるポルトガルの鉛筆会社”VIARCO(ビアルコ)”とデザイナー兼カリグラファー、コンビョンガクがアートコラボレーションした展示会が開かれている。
伝統味噌漬けを体験してみよう! 2015-04-25
南山(ナムサン)の麓にある南山コル韓屋村で、24日14時より韓国伝統味噌漬けイベントが開催された。”NON-GMO(遺伝子組み換えが行われていない)”を主題に、韓国伝統の味噌と健康の繋がりについての行事だ。
読書文化を広げよう!”本の日”が清渓広場で開催 2015-04-24
4月23日はUNESCO(ユネスコ)による”世界図書・著作権の日”として指定されている。この日は世界各国の都市で催し物が行われており、ソウル市清渓広場でも読書に関連した体験や展示プログラムが開かれた。
「NATURE REPUBLIC」明洞ワールド店がリニューアルオープン!! 2015-04-23
2009年にショッピングのメッカ、明洞に誕生してから6年。リモデリング工事を無事に終え、23日にオープニングセレモニーが開催された。
時代の流れを感じる、”3つの部屋”写真展 2015-04-21
現在ソウル歴史博物館の企画展示室にて、有名写真家ホン・スンテによる写真展が開催されている。写真展には、約700枚の写真に基づき、1960〜80年代のソウルの変化と市民の暮らしを白黒写真で見ることができる。
最初  戻る   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...   最後