今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

K-POPの姉御、兄貴が帰って来た!中堅歌手らのカムバック
2014-03-30
“国民的ディーバ”イ・ウンミがニューアルバム『Spero Spere(スペロ・スペレ)』で2年ぶりにカムバックする。 Spero Spereは生きていれば希望はあるという意味のラテン語で『麻痺』、『胸が高鳴る』、『ハッピーブルース』、『愛が怖い』、『大丈夫』など、計5曲が収録されイ・ウンミ特有の訴える力のある声が音楽ファンの熱い好評を引き出している。[写真=ネオビズカンパニー]
cd7550 イ・ウンミ(Leeeunmee) - Spero Spere [Mini Album]
チョ・ソンモは4年ぶりにミニアルバム『Wind of Change』を公開してカムバックした。タイトル曲『ユナや』は象徴的な初恋の意味で書かれたものだが、最近キム・ヨナ選手にライブで歌って話題になった。このアルバムにはタイトル曲『ユナや』を含めて『ユナや』のイントロ、『初恋』、『僕の女神』、『つらすぎる』、『僕を見ろ』、『思い出の本棚』(Feat. ヒョン・ジニョン)など7曲が収録されている。[写真=プムエンターテインメント]
cd7549 チョ・ソンモ(JoSungMo) - Wind Of Change [2nd Mini Album]
イ・スンファンは26日にリリースした正規11th『fall to fly-前』でカムバックした。『君にだけ反応する』はイ・スンファン特有の愛らしい歌詞、1度聞けば誰でも口ずさむことができる易しいメロディが印象的な曲だ。世界的な演奏者らと録音エンジニアらが参加し、しっかりした構成を持っている。[写真=ドリームファクトリー]
cd7542 イ・スンファン(LeeSeunghwan) - FALL TO FLY-前
6年という長いブランクを経てカムバックしたイ・ソラは来月8日に8thアルバム『8』を披露する。イ・ソラの新曲は音楽的完成度を実現するため、韓国をはじめ米国、英国3カ国で、2度のミキシングと3度のマスタリング作業を経て、アルバム構想から発表まで、計6年を所要した。また韓国最高の実力派ミュージシャンらが作曲に参加し、期待を集めている。[写真=フォーチュンエンターテインメント]
cd7535 イ・ソラ(LeeSoRa) - 8
今年デビュー30周年を迎えたイ・ソニは25日、正規15thアルバム『serendipity』をリリースした。『偶然を通じて運命に会う』はタイトル通りこのアルバムでイ・ソニは30年前偶然やって来た音楽の運命を表現する予定だ。このアルバムでイ・ソニは収録曲11曲9曲を作曲、7曲を作詞し、シンガーソングライターとしての力量を発揮もした。[写真=フックエンターテインメント]
cd7545 イ・ソニ(LeeSunHee) 15集 - セレンディピティ
イム・チャンジョンは12thアルバムのタイトル曲『平凡な歌』が各種音源チャートを占領し、突風が並ではないと見られる。『平凡な歌』は恋人との別れを平凡な流行歌のように並につらいと言い、少しづつ忘れることを臨む男の気持ちを込めた曲で、イム・チャンジョンの淡々としていながら哀切なボーカルが印象的という評だ。[写真=HNメディア]
cd7533 イム・チャンジョン(LimChangJung) 12集 - 平凡な歌... 平凡なメロディー...
今日の韓国   生活料理時事旅行文化