今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

東京国立代々木競技場で繰り広げられたSMTOWN PARTY
2011-01-26
東京渋谷の街ではためいた垂れ幕、ついに東京国立代々木競技場でも飾られた。
ピンク色の垂れ幕がはためいている所は1月25日、26日の2日間『SM TOWN LIVE in TOKYO』が繰り広げられる東京国立代々木競技場。
公演場に向かう道ではまだ公演チケットを手に出来なかった人たちが集まってチケットを譲ってくださいというプラカードを持っている。公演場の前にはダフ屋さんもある。
代々木競技場に到着すると肌寒い天候にも関わらずすでに多くの人で賑わっている。
公演の初日、早い時間から多くの人が集まって一列二列と列に並んで立ち始めている。『SM TOWN LIVE in TOKYO』グッズを買うために。
グッズ購入のための列はグッズ販売場から競技場を一周するほどの長蛇の列。長い待ち時間にも関わらず一向に列は縮まらずグッズのメニュー表には“SOLD OUT”のスティッカーが一つ二つ増えていく。
グッズ販売の間、向かい側ではSMTOWNメンバーたちのCDを販売している。入り口にはSMTOWNの歌手の垂れ幕がかかっている。
こちらもやはり長い列に改めてSMTOWNの人気を実感出来る。多くの人がSMTOWNのメンバーたちのCDを買うために集まっている。
ここでは集まった人たちのSMTOWNのグッズを一つ二つ身にまとって公演の始まりを待つ。『SM TOWN LIVE in TOKYO』を訪れたファンの熱い熱気で肌寒い東京の気温が1度上がったようだ。[写真、記事=チョ・ヘリョン記者(東京)]
今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]