今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

韓国ドラマ『鬼』撮影地、月精寺もみの森へ紅葉狩りに行ってみよう!
2017-10-25
月精(ウォルジョン)寺は五台山を代表する寺院の一つ。特にもみの木の林道がともて有名だ。
五台山は2018平昌冬季オリンピックの開催地江原道(カンウォンド)平昌(ピョンチャン)と江陵(カンヌン)、洪川(ホンチョン)にまたがる山だ。
月精寺の前にあるみの木の林道。ここは、映画撮影地として脚光を受け、最近人気ドラマ『鬼<トッケビ>』の主人公たちが愛を確認した場所としてさらに有名になった。
距離は約1kmほどで、ゆっくり歩いても20、30分程度なので誰でも気軽に歩ける道だ。
韓国人が最も歩きたく3大もの森に選ばれたここは、もにが1千年以上にわたってここを守ってきたという話が伝えられ『千年の森』とも呼ばれている。
江原道平昌郡珍富面(チンブミョン)五台山国立公園を訪れた観光客が色とりどりのもみの木の林道を歩きながらゆったりとした時間を楽しんでいる。
高く伸びたもみの木の間を歩いていると、いつの間にか頭がすっきりする経験をすることになる。
渓谷を縁取った紅葉は、それこそ感嘆詞が自然に出てくる。
静かな雰囲気が印象的な五台山月精寺の前の庭に入ると韓国でも造形が美しい石塔の一つ八角九層石塔を見ることができる。
月精寺は韓国の有数の美しい寺だ。四方を山に囲まれたこの寺を歩き回ってみるといっそう心が温かく穏やかになるのを感じることができる。
赤く染まった五台山の紅葉と山作り出す陰影が一幅の水彩画を見ているようだ。
今年末、京江線の珍富駅ができる予定だから、ソウルからも簡単に月精寺を訪れることができるようになる。
今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]