今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

全羅北道“任実チーズテーマパーク”に行く
2017-05-17
韓国最高、最大規模のチーズテーマパークが全羅北道(チョルラプクト)任実郡(イムシルグン)にある。
ここでは、韓国産チーズの生きている歴史を見ることができる。
全羅北道任実郡でチーズ産業が始まったのは1964年。ベルギー出身のDidier t'Serstevens神父が任実聖堂の主任神父に赴任して、貧しい地域の発展のために始めたという。(写真:任実郡)
4万坪に造成された“任実チーズテーマパーク”は、体験や遊び、そしてショッピング空間に分かれている。
幼稚園児が体験教育のために訪問した。
様々なストーリーテリングでスペースを満たしている。
遠くにチーズ村が見える。
チーズ料理を味わえるレストラン。
体験プログラムの案内。
全国から訪れた団体観光客を乗せたバスのための駐車場。
ここの位置は、全羅北道(チョルラプクト)任実郡(イムシルグン)聖寿面(ソンスミョン)道引里(ドインリ)チーズバレー。

今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]