今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

【G20】歓呼と憂慮の中で始まったG20、現在の状況は?!?!
2010-11-11
11日、主要20ヶ国(G20)ソウル首脳会議が開幕した中で、会場のソウル三成洞コエックス。
ソウル G20首脳会議開催を一日控えて 10日午後正常会議場であるソウル三成洞コエックス周りに防護壁が設置されている.
世界各国首脳の安全のために一層ものものしくなった警戒。
11日主要20ヶ国(G20)ソウル首脳会議が開幕した中で、会場の周辺では奇襲デモが相次いだ。
韓国系米国人で青少年環境運動家ジョナサン・リーは、コエックスの向かい側の韓国電力前で、非武装地帯(DMZ)を平和の森にしてほしいという内容のプラカードを持って、1人でデモをしている。
G20首脳会議を翌日に控えた10日午前、汝矣島公園で参席者が各国首脳の顔の仮面をかぶって、貧困問題解決のために努力することを促すパフォーマンスを行っている。
市民社会団体の会員たちが、韓米FTA廃棄に対する記者会見を開いてプラカードを持っている。
「経済危機責任転嫁G20糾弾国際民衆行動の日」集会で、参席者がスローガンを叫んでいる。
反面コエックスメディアセンターで、多くの内外信取材陣が忙しく動いている。
ソウル紫陽洞で開店したバイキング、ラ・グット(la goutte)で開かれたG20ソウル首脳会議成功開催祈願「G20記念5大陸料理フェスティバル」で、各参加国の代表料理を紹介している。
ソウル広場でソウルG20首脳会議にあたり開かれている伝統文化大典で開催された、「古典髪の日」行事参加者が髪を編んでいる。
ソウルG20ビジネスサミット(seoul G20 business summit)開幕レセップション場に用意された参加者のカリカチュアを観覧している各国CEOたち。
ボランティアメンバーがG20首脳会議の成功的開催を祈って、ファイティングを叫んでいる。[写真NEWSIS]
今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]