今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

多事多難だった2016年丙申年1年が過ぎ去っていく。
2016-12-31
“多事多難”という言葉さえ面目を失うほどだった2016年丙申年1年が過ぎていく。
“崔順実(チェ・スンシル)ゲート”による大統領弾劾政局などで韓国の情勢は類例を探すのが難しいくらい最悪の混乱を経て国民皆が憂いている。
慶南(キョンナム)南海郡(ナムヘグン)の南面沙村から眺めた空にはまるですべてのものを焼くような赤い太陽が瑞山(ソサン)に沈んでゆく。
一年の終わりに眺めたあの赤い太陽が、今のすべての厄運を払ってくれることを希望する。
合わせて2017年丁酉年新年には“ため息”よりは“希望”を話す1年になるよう期待する。


今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]