今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

大田広域市儒城区の5日市
2016-11-30
1916年に始まった儒城5日市は、毎月4、9、14、19、24、29日に開かれる。
大田市民はもちろん、沃川、公州、鳥致院、錦山、論山などからも市場にやって来る。 約1,980㎢の場所に40余りの店舗があり、それでも足らずにその一帯の空き地や小路にまで市場が広がっている。  
ちょうどキムジャンの季節だから、その準備をする客と商人のやりとりが賑やか。 
キムジャンに使う各種塩辛や漢方薬材などもある。 
夜明け前に届いた新鮮な海産物。 
冬を健康に過ごすために必要な防寒帽や下着が、お手頃価格で並んでいる。  
市の立つ日のハイライトは、何といっても食べ物。
寒さと空腹を満たす客!
田舎の市場でだけ見られる郷愁を呼び起こす昔菓子や甘く熱々のホットク、そしてたい焼きは進化していろんな動物の姿になっている。
手製のトッカルビもある。 
今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]