今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

秋と冬の間にある安国洞から光化門への道 
2016-11-01
暑い夏が去った場所から、寂しい秋の風さえ吹き過ぎる。 
安国駅から夜の孤独が始まる。 
人々が去る週末の仁寺洞の入口は、うら寂しい。 
鐘路区栗谷路は、都市の美しさと醜さを同時に見せてくれる。 
不況で閑散とした茶店が、いっそう寂しく見える。 
向かい側の光化門の前は、それでも観光客でにぎわっている。 
光化門の前の世宗路は、嵐の前のようだ。 
道の果てはどうなっているのだろうか。 
今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]