今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

今、韓国は凍り付く冬を溶かすほどの心温まる愛の分かち合いリレー中! 
2015-12-04
ソウル市城東区金湖洞で行われた“正しく生きる運動”城東区協会の会員らが「両手で運ぶ愛の練炭伝達」イベントで、練炭を伝達している。  
世宗警察署とLH世宗特別本部は、世宗市管内の低所得家庭を対象に“愛の練炭分かち合い奉仕活動”を展開した。 このイベントは、職員らの義援金で購入した練炭1万個をジョチウォン邑、ジョニ面、ジョンドン面らに居住する低所得家庭26家具に450個づつ配達する方法で進められた。  
全北道全州市孝子洞の全北道庁の広場で、ソン・ハジン知事とキム・グァンス道議会議長、チェ・チャンギュ陸軍35師団長を始め、500余人が出席した中、『希望2016分かち合いキャンペーン出帆式及び温度塔除幕式』のイベントが開かれている。 
慶南道晋州のLH社屋の運動場で開かれた『2015年幸福分かち合いキムジャン広場』に参加した任職員及び職員の家族らが、記念撮影している。 
京畿道光明市は、カハク洞の光明洞窟の前で『ハッピー・クリスマス祭り』の開幕式を開いた。
市は、この日から25日まで光明洞窟をクリスマスの装飾、照明などを施し、運営して『サンタクロースとダンスを』、『ハッピーカード作り』、『ポロロ3Dムービー上映』などのイベントを行う。 
釜山北区の大東華明大橋で、釜山消防特殊救助団、軍、警察、区自律防災団など、10の機関の実務者など80余人が参加して冬の奇襲的な豪雪に備える気象対応訓練が行われた。 
1時間当たり13cmの集中豪雪により、大東華明大橋の上部で車1台が雪道で滑って2車線をさえぎり、後続の車が連続追突して人命被害が発生した状況を仮想した訓練をした。  
ソウル広場で開かれた『第87周年救世軍慈善鍋始鐘式』で、韓国の救世軍パク・ジョンドク司令官を始めとする参加者が始鐘宣言及び打鐘示範をしている。 
ソウル広場で開かれた『第87周年救世軍慈善鍋始鐘式』で、歴史子ども合唱団の公演。  
釜山市鎮区のロッテデパート釜山本店の正門前で『2015救世軍慈善鍋始鐘式』が開かれ、子供たちが交通カードをりようしたデジタル募金をしている。 
ソウル市中区明洞で救世犬(天才犬ハヌリ)が募金活動をしている。
天気が寒くなり、全国のあちこちで『愛のキムジャンキムチ分かち合い』イベントが開かれている。
多くの人が参加して地域の1人暮らしの老人や祖孫(祖父母と孫)家庭に贈るキムチを漬けている。 
今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]