今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

蔚山(ウルサン)船舶3隻座礁…油流出被害大
2013-11-26
蔚山(ウルサン)東区防御陣港一帯で、船舶3隻が突風で座礁した。人命被害が無かったが、油が大量に流出した。蔚山海洋警察署によると、25日蔚山東区防御陣港ファアムチュの南側及びスル島の東側1km海上で、気象悪化によりZHOU HANG 2号(4675t、中国、バルク船)など、 3隻が座礁した。
船体が傾いた5ボムジン号の乗船員11人はこの日明け方海警に全員救助された。全員病院に移送されたが軽傷と、伝えられた。中国船籍とパナマ船籍の船の乗組員は安全に異常が無いという理由で、船から降りていない。
中国船籍ZHOU HANG 2号の船体の底にあった油が大量に流出した。流出した油はバンカーA、バンカーC油と思われる。流出量は性格には把握されていない。
サンジン港は流出した油が強い波に乗り、防波堤を越え一面真っ黒になった。車両20余台も油をかぶる被害にあった。養殖場の魚類の死亡量も増えている。防御陣港とサンジン港一帯は防御陣漁村の漁場で、あわびやなまこ、さざえなどが大量に獲れる所。漁村の被害が予想される。
海洋警察、住民、自治体、公務員、海洋環境管理公団など270余人がサンジン港や防御陣港沿岸で収集作業をしている。
油流出で蔚山東区サンジン港が黒くなった。
海警によると事故当時の気象は南西風18~20m/s、波高3~4m、視程1kmで、波浪注意報が発令された状態だった。瞬間強風で海岸に押し寄せられ座礁したと見ている。[写真=NEWSIS]
今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]