今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
 記事をシェアする      

旅行の思い出が詰まった「スーベニール」
2008-09-20
近くに行こうが、遠い外国旅行に行こうが、持ち帰ることができるのが思い出ではないだろうか?
その大切な思い出は、私たちの記憶の中に永く記憶されることはできないが、そのような理由で人々は旅行の楽しかった思い出を永く保管するために、写真を撮ったり記念品を買う。
特に記念品は、旅行した場所の最も象徴的な物なので、時々見るだけでその場所を訪れたときの気持ちが蘇ったりする。
イタリアローマのコロシアム、英国ロンドンの国会議事堂、バルセロナのサグラダ・ファミリア聖堂、イタリアのサッカー、日本の着物などは、その国と都市を象徴する。
旅行は短いが、その思い出は小さい記念品に凝縮されて、永く記憶されるはずだ。
今日の韓国   生活料理時事旅行文化  
ご意見ご感想などをお書き込みください.  [投稿する]